お知らせ

図書館利用について

図書館利用について


図書館は、教育と研究に必要な図書、雑誌などを利用して、
  研究・学術などの研鑽に努める共用施設である。
  図書館では、お互いよりよい学習・研究ができるよう、規律を守ること。

1.利用できる者
 (1)本校の学生・教職員および非常勤講師
 (2)学校長が許可した者(閲覧に限る)

2.開館時間
  月曜日~金曜日 ; 9:00~21:30
  土曜日     ; 9:00~20:45
  その他利用時間・休館日などの変更は掲示で知らせることとする。

3.休館日 
 (1)日曜日
 (2)祝日
 (3)本校の創立記念日(6月1日)
 (4)夏期・冬期休暇中の一定期間
 (5)管理のための点検期間

4.利用の方法
 (1)館内閲覧
  ※注意事項
   ①静粛を保ち、礼儀正しくすること。
   ②携帯電話などの電源は切っておくこと。
   ③喫煙・飲食などをしないこと。
   ④資料は大切に扱い、書き入れ・折り曲げ・汚損しないよう注意すること。
   ⑤許可なく図書を室外へ持ち出さないこと。

 (2)閲覧図書返却
   閲覧後は、各自で元の書架へ収納すること。

 (3)図書貸出
   ①貸出を希望する者は、学生証を提示すること。
   ②貸出期間は、7日以内とする。
   ③貸出冊数は、学生は3冊以内、教職員・兼任講師は5冊以内とする。
   ④逐次刊行物(雑誌)・禁帯出資料は貸出できない。必要な場合は申込書を提出の上、コピーを利用すること。
   ⑤貸し出し中の図書は転貸できない。
   ⑥貸出期間を過ぎた場合は、延滞日数分のペナルティーを科す。
   ⑦実習期間中の場合も7日を越えての貸出は禁止する。
   ⑧休学もしくは停学中の者は直ちに貸出中の図書を返却し、この期間内は図書の貸出を禁止する。

 (4)貸出図書の返却
    貸出図書を返却する場合、貸出者本人が図書館カウンターへ返却すること。

5.罰則規定
    本室の規律に違反した場合、図書の貸出を禁止することがある。
    図書及び資料を汚損または紛失した場合、「帯出資料事故届」にその理由を付記し届け出るとともに、弁済しなければならない。

6.資料検索・視聴覚コーナーの利用
   ①図書館資料の検索は、図書館内の検索用端末でできる。
    また、図書館ホームページからもインターネットを通じて検索することができる。
   ②視聴覚コーナーの利用はカウンターに申し出て、その指示に従うこと。ただし、図書館内のソフトにかぎる。      
   ③視聴覚資料(CD-ROM/DVD/Video等)の貸出は禁止する。

7.その他
   ①当図書館に所蔵の無い図書・雑誌の複写を、所蔵している他大学の図書館から取寄せることができる。
   ②図書館内のパソコンは、レポート等の印刷専用である。文書の作成や修正は各自のパソコンで行うこと。